記入フォームへ戻る場合ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。フォームに記入された内容の消去を防止するためです。

■アトピーの発症個所・舌の画像の送り方
1項から5項までの手順が一般的ですが、1項から5項までの代わりに5-1項のように予め「ペイント」を立ち上げ、
下の図と並列して表示し、下の図を「ペイント」にドラッグする方法もあります。こちらの方が簡単です。


1、 発症個所を記入する画像を取り込むため、「漢方薬申し込み」の拡大したサンプル画像、または、下にある
画像をクリックする。
--------------------------------------------------------------------------
2、 「名前を付けて画像を保存」を左クリック(以下単にクリック)し、適当なホルダー例えば「マイピクチャー」
に、適当な名前例えば「shoujou]と付け保存する。

--------------------------------------------------------------------------
3、 次に、お絵かきソフト「ペイント」を立ち上げる。「スタート」--「すべてのプログラム」---「アクセサリー」
---「ペイント」を順番にクリック。
--------------------------------------------------------------------------
4、 下の画像は「ペイント」が立ち上がった状態です。
--------------------------------------------------------------------------
5、 ファイル---「開く」をクリックし、「2、項」で保存したファイルを呼び込む。
--------------------------------------------------------------------------
5-1
1項から5項までの手順が一般的ですが、1項から5項までの代わりにまず最初に、4項のように
「ペイント」を立ち上げ、1項の図と並列して表示し、1項の図を「ペイント」にドラッグする方法もあります。

ドラッグした画像に6項以下のように症状を描いていきます。
--------------------------------------------------------------------------
6、 画面の左のツールボックスにあるブラシやエヤブラシを用いて、また左下の絵の具パレットから
お好みの色を選び、アトピーの発症個所を描いてください。
--------------------------------------------------------------------------
7、 湿疹個所、汁が出ている所、粉をふいている所、湿疹状態でないが痒い所などを、色分けして描くと
分かりやすくなります。ツールボックスの「A:テキスト」を使って色の説明もお願いします。
描き終わりましたら、「ファイル」をクリックし、「上書き保存」または「名前を付けて保存」をクリックし、
保存します。
--------------------------------------------------------------------------
8、 フォームの「送り先:kotouda@nifty.com」または、これ自体をクリックするなどして、メールを立ち
上げます。
ここではOutLook Expressを例にしています。
「挿入」---「添付ファイル」をクリックします。
--------------------------------------------------------------------------
9、 「添付ファイル」をクリックすると、「添付ファイルの挿入」がポップアップされますので「ペイント」で
描いた画像のの入っているファイル(7、項で保存したファイル場所)を、表示させる。
---「添付」をクリック。
この時、舌の画像があれば「Ctrl」キーを押しながら複数選択しておきます。舌の画像なども送る
場合は予め「症状」と同じフォルダに保存しておくと便利です。
--------------------------------------------------------------------------
10、 送るファイル(画像)が添付された状態です。画像の説明、お名前などを記入して送信してください。
---------------------------------------------------------------------------



小藤田漢方薬局のトップ頁に戻ります。